こんちくわ。語学学校スタッフだった者です。

 

英語学習者にとって簡単なようで難しい一つに“数字の数え方”があります。

日本語だけ、英語だけなら簡単なんですが、日本語から英語・日本語から英語に数字を直すのってめちゃくちゃ混乱しますよね。

 

日本の人口は何人だ?と聞かれた時とか。

日本には八百万(やおろず)の神様がいて、とか説明する時あばあばしちゃいますよね?笑

 

僕は混乱します。そして頭の中で数えるとかなり時間がかかります。

日本の人口は約1億2千万人ですね。英語になおすとone hundred twenty million people.です。

八百万の神様はeight million gods.ですね。

 

パッとできます!?無理だろw

そもそも英語で数字を覚えていたらスッと言えるんですが、翻訳が難しい。

英語と日本語では単位1つずれています。そしてカンマは英数字対応です。

残念ながら日本の数え方はカンマを基準にしていない。なんで読みにくいんですよねー。

英語であれば数字読む時とか簡単ですよね。カンマで桁の読み方が変わりますから。

 

例えばこれ「100,000,000」

数字を読みなれていない人からすれば「いくつだよw」って感じで数えますよね。一、十、百って。

 

でも英語だったらOne hundred million.と一瞬でわかります。

最初のカンマでthousand。次のカンマでmillion。次のカンマでbillion.です。なのでカンマさえ入っていればすぐ読めてしまうのです。

カンマは悲しいかな日本基準じゃないんですねー。

 

もし、日本式にカンマを入れるとこうなります。

「1,0000,0000」

 

ちなみに上と下の数字は同じ1億です。日本式はカンマの入れ所を変えると途端にわかりやすくなりますね。

 

ということで本題です!そんな言語の壁に苦しむあなたに朗報!

私、インドに渡航中にとんでもない数え方を発見してしまったのです。

 

インドのおっさんがしていた”指での数え方”がヒントになりました。

とりあえずこちらをご覧ください。インド人のが指で数を数える時はこうです。(そのおっさんだけかもしれませんがw)

 

 

 

つまりはこういうこと。

 

インド人は片手で12まで数えてしまえたんですね。さすが数字大国インド!!

 

はい。もう皆さんお分かりですね。これを日本語⇔英語の数え方に応用します。

ちょうど区切りが3。そう、カンマと一緒です。

 

英語式だとこう。

薬指がthousand。

中指がmillion。

人差し指がbillionとそれぞれ対応させるわけです。 指がどの単位なのか覚えておくと数えるのが簡単ですね。

全ての指先からone, ten, hundred, と数えます。薬指の場合は、先からone thousand, ten thousand, one hundred thousandです。

 

 

ちょっとごちゃごちゃしますが、日本式だとこう。

 

英語式を覚えて、日本式に数えて使うのが便利かと思います。どっちも覚えたらそれこそ指を見たら単位がわかりますね。

初めのうちは指で数えて、なれたら簡単ですよ。

ちなみに千億は一兆ではないですからね!千億の次が兆です。英語だとtrillon.です。兆とtrillonがちょうど同じカンマの位置になります。

それでは、あとは個人のやりやすいようにお願いします!

 

余談ですが、英語での数え方で、1.2 million(ワンポイント、トゥーミリオン)みたいに点を使う数え方もあります。

one million two hundred thousandだと長いですからね。

 

それじゃー

 

10万を英語に直すと!?!?

 

 

ちっちっちっ......

 

 

 

 

そうだね!

one hundred thousandだね!

それでは英語学習頑張ってねー!ばいなり!

 

 

ご連絡は以下LINE@からお願いします!

↓スマホの方はこちらから↓

友だち追加数

 

 

↓パソコンの方は以下のIDを検索願います!

ID:@zcr9706b