こんちくわ。KENTAです。

名前のローマ字表記に特に意味はありません。

 

僕は自信至上主義で、自信があれば大抵なんとかなる!と思っている人間です。

 

自信があれば、不安なんて持たないし、魅力的な人に見えるし、行動力も出てくるし、挑戦するのが面白くなって、どんどん生きることが楽しくなります。

なる!と信じてます(笑)

 

僕はもともと自信がなくて死んでしまいたいと常々思ってきたんですが、自信がつくことによって生きることに前向きになりました。

なので、僕なりの自信の付け方を後々まとめたいと思っているんですが、その前に知っておきたい自信の話があります。

これを知っていると知っていないとでは、、、そんなに変わらないかな(笑)

いや、知っていると自分に何が足りないのかわかってどすればいいか明確になると思います。

 

とりあえず、まとめます!

 

 

自信とは自己肯定感と自己効力感の2つにわけられる。

 

以下wiki博士の引用です。

自己肯定感(じここうていかん)とは「自分は大切な存在だ」「生きる意味がある」「私は私でいいんだ」という気持ちのことをいう。

間違えてはいけないのは、この「大切な存在」というのは、条件付きではないということである。たとえば物や道具であれば、使い勝手のいい物、すぐれている物が重宝がられる。反対に壊れてしまえば、用はなくなってしまう。しかし、人間はものでは無い。「いい子だから」「勉強ができるから」「能力があるから」大切にされるのではなく、いいところも悪いところもひっくるめて、かけがえのない存在として、大切にされる、そこからはぐくまれる安心感や自分の存在に対する自信を、自己肯定感という。

自尊心とか自己受容と一緒と解釈されたりもするみたいです。

 

自己効力感 (じここうりょくかん) とは、自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できるかという可能性の認知。

 

肯定感の説明文がすばらしかったんで文のバランスが悪くなってしまいました(笑)

簡単に説明すると、

自己肯定感 = 根拠のない自信

自己効力感 = 根拠のある自信

です。 簡単すぎるかな?笑

イメージとしては、自己肯定感という土台の上に自己効力感がある感じです。

 

自己肯定感が高いと成功者になりやすいとかなんとか。

自己肯定感は幼少期に形成される!というのが今の定説のようで、僕もそうなんじゃないかなと思っています。

 

親、もしくはその周りの人の暖かい関わりの中で育まれていくもので

「○○君、○○ちゃんならできる!大丈夫!やってごらん!失敗しても大丈夫!」

という風に周りから「大丈夫!できる!」と吹き込まれることによって自信がつく。

 

これが【自己肯定感】。他人から言われてるから別に根拠なんてないんです(笑)

みんなが自分のことを大丈夫と言っているから大丈夫なんだ!と思うようになる。

 

そして、色々やっていくうちに成功体験ができ【自己効力感】が醸成されます。

自己効力感は、この前成功したから今度もできるはず!と経験を元にした根拠ある自信です。説明の通り“認知”なんです。

経験から予想するに”自分はできる”と認知できる。

 

ちなみに僕は【自己肯定感*根拠のない自信】は低いですが、【自己効力感*根拠のある自信】がめちゃくちゃ高いというアンバランスさです(笑)

昔は、根拠のない自信を持っている人を見て「何言ってんだこいつ?根拠のない自信とかどっから来るんだよw根拠があるから自信はあるんじゃないの?」っと不思議に思っていました。

 

ここで、自己肯定感が高いと成功しやすくなる。という話に戻りますが、これは当然の帰結だと思うんです。

1)自己肯定感が高ければ挑戦する回数が多くなる。(自分はできると思っているから)

2)数が多ければ成功体験も積みやすい。

3)自己効力感が自然と上がる。

4)自己肯定感×自己効力感=確固たる自信

5)自信があればなんでもできる=挑戦する回数が多い=成功(する確率が高い)

簡単に表すとこういう感じ。

 

大人になって自信がないというのは、幼少期(またはそれ以降)に自己肯定感が醸成できず、自然と挑戦する回数が少なく、自己効力感を醸成する機会が少なかった。

ということだと思います。

 

自己肯定感が低いのは幼少期の環境が良くなかったり、その人の素質によったりするものだと思います。

僕の話でいうと、親や周りの人は優しかったはず...笑

ですが、僕は自己肯定感が低いままでした。たぶん褒められるとかを素直に受け入れるアンテナがぽっきり折れてたのかな(笑)

そもそも褒められることをできなかった子だったのかもしれません。

 

それでも自己肯定感が全くないわけではないので、今まで犯罪も侵さず、死なずに生きてこれたのだと思います。

圧倒的感謝!何かありがとう!

 

僕は、自己肯定感が今も低いままなのでどうやって上げるのかはよくわかりません(爆)

ので、以下に参考記事も貼っておきます。

努力しても自分に自信がもてない本当の理由

 

自己肯定感が低い原因とは。自己肯定感を高める7つの方法

 

大人になっても低い「自己肯定感」を飛躍的に高める7つの方法

 

やっと死ねました。生まれ変わるための自己受容

 

 

最後の記事に書いてありますが、自己肯定感を上げるのはそうとう難しいと思います。

上の3つの記事を見ると簡単そうに描かれていますが、覚悟して取り組んだ方がいいかと(笑)

 

以上が自信の話です。僕は自己肯定感の上げ方はわかりませんが、自己効力感の上げ方ならわかります。

ということで次回に続きます。

 

 

 

ご連絡は以下LINE@からお願いします!

↓スマホの方はこちらから↓

友だち追加数

 

 

↓パソコンの方は以下のIDを検索願います!

ID:@zcr9706b